スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この肌ざわりこそ戦場よ

久々に少しだけ合戦場に顔をだしたw
お互い人数が多く、回線が重い為固定徒党で移動するうちらには
正直向いてないかもしれぬ そんな中武将でも対人でもなくブラブラしてると、
真紅武田の5人徒党?の解体粘着をうける

徒党で動いているわけだから、そうされる行為は至極当然w
こっちだって馬でわってくるソロ殺しやってるからね

合戦において、セコイやつやチキンなやつと揶揄される奴ほど
合戦に身をおいてる時間が長いベテランが多い
そんな連中である5徒党は大砲から一歩もでずに
徒党が解体されたときにだけ目の前に現れるw

結局倒すことができなかった訳だが
今度顔だすときは、はぐれメタルのような
彼らのマゲを取りたいと思う。(ハゲ侍がいたので、マゲがあるのか不明だが、、、)

施設では昔はよくあったようなやり取りがされていた

先陣中陣は徒党の方はご遠慮お願いします。
○○やっていいですか?(先や中陣)

最近じゃあまり見れないだけに懐かしさを感じた。
むしろこれが今の戦場なんだろう、
固定徒党で組んでたら周りで騒いでる仕切り屋がいたのはこのせいか、、、

はっきりいって気分の良いものではない。くず武将ぐらい好きに任せるし、だれがやろうと目くじらたてるもんでもない

ま、、変な徒党が横取りしたりすっから咎められるわけだが。

今は人材が豊富でカオスな面を楽しむため少し顔を出すときはあるかもしれないが。
前ほど必死にやらなくても良いという安堵感から
参戦率は低下するだろうな、と思う今日この頃である。

スポンサーサイト

<< 東西戦を振り返って | ホーム | 渾身の一撃! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。