スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西戦を振り返って

忠臣の隊列が使えなかった事にショックを受けつつ、
それなりに参加するものの、、、 武将強化で作業感が増した感じになりましたね。

生命が多くなり、敵が2体乙して勝利確定からの戦闘が長いこと長いこと、、、
当然守護や釣りを考えたら、それなりの徒党じゃないと完全蘇生のループくらうんじゃないだろうか?
黒縄必須でいこうぜwと考える徒党も多くなりそうです。

攻撃自体はそれほど攻撃力が上がっているように見えませんでしたから、
敵の新技能次第でしょうか?

敵の神も不変を使ってくるので一手浮いたと考えるか、
いざってときの1sや準備ミネで気合削りきれなかったら運でレジストされてあぼんになるか
そこらへんは運の領域ですねえw

そう考えると暗殺の術封じが光るかも???
と夢を見てる訳ですがw
暗殺は固定以外声がかかりずらい状況になりそうです、、、
武芸や演舞はどうすんねんって感じですよね

武将強化は予想してただけに、どや顔したい反面
まじできた~~って感じでやんすw
スポンサーサイト

<< 武将強化と哀れな私達 | ホーム | この肌ざわりこそ戦場よ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。